変圧器の選び方(基礎知識)

変圧器とは何か?

変圧器はトランスフォーマー、略してトランスと呼ばれることもあり、電圧の高さを変換するものです。

高い電圧から低い電圧に変換するものをダウントランス(又は降圧専用変圧器)と呼び、低い電圧から高い電圧に変換するものをアップトランス(又は昇圧専用変圧器)、電圧の上げ・下げ、両方が出来る変圧器をアップ/ダウントランス(又は昇圧降圧切替式変圧器)と呼びます。

なぜ変圧器が必要なのか?

日本の一般家庭電圧(電気コンセントの電圧)は通常100V(世界でも最も低い家庭用電圧と言われています)となっています。ところが海外では各国で電圧が異なり、同じ国でも地域によって電圧が異なる場合があります。

日本の100V電圧対応の電気製品を電圧の高い海外(例えば240Vの国)でそのまま電気コンセントに接続し使用した場合、電気製品が破損してしまう恐れがあります。 電気製品の破損を防ぎ、支障無く使用するには、電気コンセントからの電圧を電気製品に合った電圧に変換しなければならず、この為に変圧器が必要となります。

尚、電気製品の対応電圧が100V~240V等の全世界対応の場合、変圧器は不要です。

当ホームページの【各国の電圧・プラグ形状一覧表】はそれぞれの国・地域の主たる電圧・プラグ形状を記載しておりますが、地域の開発時期や建物の建設時期によって、使用されている電圧・コンセント形状が異なる場合もありますので、ご心配な場合は、事前に渡航先やご利用の旅行会社にご確認願います。

変圧器の種類

「変圧器」には<トランス式>と<電子式>があります。

トランス式

ほとんどの電気製品に使用できます。

電子式

電熱器具専用変圧器のため、電熱器具以外には使用できません。但し、電熱器具であってもマイコン・デジタル表示・電子コントローラ付きなどの電気製品には使用できません。 <電子式>変圧器を利用できる・できない電気製品一覧表を参照願います。

<電子式>変圧器を利用できる・できない電気製品一覧表

<電子式>変圧器を利用できる電気製品

<電子式>変圧器を利用できない電気製品

アイロン 電気あんか ウォーターオーブン デジタルオーディオプレーヤ・MP-3プレーヤー
テレビ エアコンエアサーキュレーター 映像機器 ACアダプター
オーブン IHオーブントースター オーブンレンジ オイルヒーター
温風器 カーボンヒーター 加湿器 除湿機
石油ヒーター セラミックヒーター 洗濯機 扇風機
空気清浄機 炊飯器 スピーカー 精米機
掃除機 DVDプレーヤー DVDレコーダー デジタルカメラ
テレビデオ テレビゲーム ホームシアター ホームベーカリー
ホットカーペット ポンプ マッサージ椅子 ミキサー
ミニコンポ ホームベーカリー 給茶機 吸入器
蛍光灯 携帯音楽プレーヤー ゲーム機 コードレス電話
コーヒーメーカー コーヒーウォーマー 氷かき機 こたつ
コピー機 コンパクトカセット 散髪器具 シェーバー・ヒゲトリマー
食器洗浄機 電気ストーブ 電気ポット 電気毛布
電磁調理器 電子蚊取器 電動歯ブラシ パソコン
ビデオカメラ ミニディスクプレイヤー ビデオテープレコーダー ファクシミリ
複写機 布団乾燥機 プロジェクター ヘアーアイロン
ミル(粉砕器) 餅つき器 ヨーグルトメーカー ラジオ
ラジオカセット テラカセ(テレビ付ラジオ) 冷水器 冷蔵庫
冷風機(スポットクーラー) ワープロ 工作機械全て 電動工具全て
日焼けマシン

<電子式>変圧器を利用できない電気製品をご使用の場合は <トランス式>の変圧器をご使用ください。

日本の電気製品を海外で使用する際の変圧器の選び方

1.電圧を確認する

電気製品の対応電圧(電気製品よって定格電源、入力、INPUT等 と記載されている場合があります)を確認する。

国内専用AC100V

海外対応AC100~240V

電気製品の説明書、本体の仕様表示欄に<(定格)電源>、<入力>もしくは<INPUT>と表示されている数値を確認する。 不明の場合は、製品メーカーにご確認ください。

日本では一般家庭用として<AC100V>、産業用として<AC200V>の電圧が使用されています。

<AC100~240V>と表示されている電気製品は全世界で使用可能ですので、「変圧器」は不要です。

「変圧器が必要かどうか」 当ホームページの製品検索画面から簡単に調べることが出来ます。

渡航先の電圧を確認する。

渡航先の電圧は当ホームページの【各国の電圧・プラグ形状一覧表】にそれぞれの国・地域の主たる電圧・プラグ形状を記載しておりますので、こちらからも確認できます。

尚、地域の開発時期や建物の建設時期によって、使用されている電圧・コンセント形状が異なる場合もありますので、ご心配な場合は、事前に渡航先やご利用の旅行会社にご確認願います。

2.消費電力を確認する

電気製品の消費電力(W(ワット)またはVA(ボルトアンペア))を確認する。

1時間以上継続してご使用の場合には消費電力値の1.25倍以上の容量を持つ変圧器が必要となります。1回のご使用時間が1時間以下であれば同じ消費電力容量をもつ変圧器で対応可能です。(当社製品の場合)

電気製品の消費電力(WまたはVA)は、電気製品の説明書、本体の仕様表示欄、もしくは製品メーカーにご確認ください。

宿泊先のバスルーム・洗面所などにある電源がシェーバー専用(5W~10W)の場合、変圧器を使用してもドライヤーやヘアーアイロンなどには使用できません。

消費電力の表示 100V

消費電力の表示 100-240V

参考

消費電力容量以下の変圧器を使用した場合、変圧器が発熱・発煙・破損する恐れがあります。

当社製品の保護回路付き変圧器には、保護装置が作動した場合に手動復帰タイプと自動復帰(約20~30分後)のタイプがあります。 また、保護装置が作動した場合に管ヒューズ交換で復帰するタイプとヒューズ内蔵タイプがあります。ヒューズ内蔵タイプは復帰しませんのでメーカー修理が必要となります。

海外の電気製品を日本で使用する際の変圧器の選び方

1.電圧を確認する

電気製品の対応電圧(INPUT AC等)を確認する。

電気製品仕様欄に<AC100~240V>表示があれば「変圧器」は不要です。 不明の場合は、製品メーカーにご確認ください。

<AC100V>の記載がなければ「変圧器」は必要です。

変圧器を利用する場合の接続方法例

電気製品の消費電力(W(ワット)またはVA(ボルトアンペア))を確認する。

1時間以上継続してご使用の場合には消費電力値の1.25倍以上の容量を持つ変圧器が必要となります。1回のご使用時間が1時間以下であれば同じ消費電力容量をもつ変圧器で対応可能です。(当社製品の場合)

電気製品の消費電力(WまたはVA)は、電気製品の説明書、本体の仕様表示欄、もしくは製品メーカーにご確認ください。

参考

消費電力容量以下の変圧器を使用した場合、変圧器が発熱・発煙・破損する恐れがあります。

当社製品の保護回路付き変圧器には、保護装置が作動した場合に手動復帰タイプと自動復帰(約20~30分後)タイプがあります。 また、保護装置が作動した場合に管ヒューズ交換で復帰するタイプとヒューズ内蔵タイプがあります。ヒューズ内蔵タイプは復帰しませんのでメーカー修理が必要となります。

変圧器と変換プラグの接続方法

変圧器を利用する場合の接続方法例

変圧器を利用しない場合の接続方法